夏元気! ゴーヤのメニュー






夏を代表する野菜といえば「ゴーヤ」がすぐに思い浮かびます。
しかし、苦さが特徴の「ゴーヤ」は、その苦さゆえに嫌われたり、おいしい食べ方がわからなかったりで、なじめない方も多いと聞きます。
そんな時に、この「ゴーヤのメニュー(献立)」を参考にしてください。



料理の前の下ごしらえ


1、ゴーヤは縦に切り、スプーンなどでワタをけっこ(きれい)に取ります

2、ボールにとって塩を一つまみ

3、水分が出てくるくらいまで塩もみをします

4、熱湯でさらし、冷水で洗って塩気を落とします

5、これで、下ごしらえ完了、もうそのままでも食べれます


塩もみをしっかりしないと、青臭さが残ります。
また苦いのが苦手な方は、30秒間くらい熱湯でゆでてもOKです。
炒め物など、料理によっては生のままで調理したほうがおいしいです。





H28年ゴーヤの献立 
H27年ゴーヤの献立
H26年ゴーヤの献立
H25年ゴーヤの献立
H24年ゴーヤの献立
H23年ゴーヤの献立
H22年ゴーヤの献立
H21年ゴーヤの献立
H20年ゴーヤの献立
H19年ゴーヤの献立
H18年ゴーヤの献立
H17年ゴーヤの献立



なんでもあり農園へ戻る



遠州横須賀観歩記トップページへ戻る

inserted by FC2 system